2008年10月9日
積水ホームテクノ株式会社

「国際福祉機器展H.C.R.2008」に出展しました



9/24?26に東京ビッグサイトで開催された国際福祉機器展H.C.R.2008に、積水ホームテクノ(株)が出展しました。


日本最大規模であるこの展示会には期間中に約12万人の来場者があり、当社ブースにも多数の方にご来場頂けました。


今回の展示は、「自立から要介護まで」と「可変性による介助労力の軽減」をテーマに、高齢者施設向け、高齢者専用賃貸住宅向け、 そして自立高齢者向けコンセプトバスの計6台を出展。 お客様から数々のご意見、ご感想を頂き、これまでにない幅広い層に当社の高齢者向けユニットバスをアピールできたと感じました。

また、3日間を通して「介助労力軽減」に関する出展社セミナーを開催。講師に‘抱えない介護’を提唱している看護士の保田氏を迎え、 多数の施設関係者・建築設計士に、専用設備機器の重要性と当社製品の際立ちを説明することができました。


ご来場いただきました方々に厚く御礼申し上げますとともに、来年(9/29?10/1)も出展予定ですので、ぜひお越しください。



出展ブース全景 出展社セミナーの様子

<ブース全景>

<出展社セミナーの様子>


デモに聞き入る来場者 来場者に説明する説明員

<デモに聞き入る来場者>

<来場者に説明する説明員>

ページトップへ

このコンテンツのメニューです