2018年8月27日
積水ホームテクノ株式会社

介護・医療福祉施設向けユニットバス用「wells自動洗浄・湯はり浴槽」を
新発売いたしました


wells自動洗浄・湯はり浴槽wells自動洗浄・湯はり浴槽
wells自動洗浄・湯はり浴槽

介護・医療福祉施設向けユニットバスの排水・洗浄・湯はりまでを全自動で行える「wells自動洗浄・湯はり浴槽」

 

 本日より介護・医療福祉施設向けユニットバス用の新製品「wells自動洗浄・湯はり浴槽」を発売します。
「wells自動洗浄・湯はり浴槽」は、ホームテクノとリンナイ株式会社(以下リンナイ社)の共同開発技術を搭載した製品です。


Ⅰ.開発の背景

  

超高齢社会が進行する日本では、高齢者の増加と生産年齢人口の減少による介護士の不足が深刻化してきています。そのため、介護・医療福祉施設においては、介護士不足への対応と、より質の高いサービス提供の両立が求められており、介護士の負担軽減や高齢者の自立動作を支援することへのニーズが高まっています。


  この製品は、特に介護士の身体的な負担が大きく、時間のかかる浴槽の清掃・入浴準備作業の負担を軽減します。これにより、作業の機械化により得られた時間を他の介護サービス・ケアに充てるとともに、入居者にとっても、常に新しくきれいなお湯での入浴を楽しむことができることで満足度の向上に貢献することを目指します。


  本製品は、介護・医療福祉施設で求められる入浴サービスにおけるニーズ調査の内容をもとに開発、仕様決定とユニットバス設計をホームテクノが行い、リンナイ社のガス給湯器設計・制御技術を組み合わせていずれの方式の給湯設備(※1)でも接続可能な機器として開発しました。


  ※1:局所・中央方式やガス・電気・石油などの熱源、リンナイ社以外の給湯器


Ⅱ.新製品の概要と特長

本製品は、リモコンスイッチのワンタッチだけで、浴槽の排水から洗浄、お湯はりまでを全自動で行えるシステムです。介護・医療福祉施設向けユニットバス「wellsシリーズ」に設置が可能で、同シリーズであれば既存ユニットバス浴槽の置換えも可能です(※2)。

  ※2:wells浴室のタイプや、機器設置スペース、給水・給湯配管条件など設置のために確認すべき項目があります


(1)基本性能向上

  入浴後の着衣、入居者の送り迎えや脱衣の時間と並行して浴槽の洗浄、湯はりができるため、入浴介助にかかる時間を一人あたり約15分短縮することができます(ホームテクノ調べ)。これにより、一日で対応可能な入浴サービスを増やすことができるだけでなく、他のサービス提供に時間を使うことができます。


(2)負担軽減

  浴槽清掃時の「腰をかがめる」「スポンジを使ってこする」といった動作が不要になり、入浴介助者の身体への負担を軽くします。また、自動で指定した湯の温度や湯はりが可能なため入浴のための準備作業から解放され、入居者の対応に専念することができます。


(3)清潔

   利用者ごとに清掃して新しいお湯で入浴できるため、感染症などの心配もなく清潔で快適に入浴することができます。また、各人の状態や好みに合わせた湯量と湯温の調整も簡単です。


Ⅲ.スケジュール、販売目標


2018年8月27日より 受注開始


2018年9月16日より 納入開始予定


2019年度目標販売台数:1000台


価格:wells浴室+400,000円(定価:施工費は別途)


※ 本製品は、10月10~12日に東京ビッグサイトにて開催される、第45回国際福祉機器展H.C.R.2018に出品予定です。


ページトップへ

このコンテンツのメニューです