ここから本文です

住宅金融公庫の割増融資について

バスサルーンエスコート

Q. バリアフリー住宅工事を考えていますが、住宅金融公庫の融資基準に適合するユニットバスですか?

積水ホームテクノの「バスサルーンエスコート」は住宅金融公庫の割増融資に関する浴室条件を満たしているので、バリアフリー住宅工事をお考えのお客様にも問題なくご採用いただけます。基準内容の浴室広さ・開口寸法・段差・救出機能・浴槽縁高さ(またぎこみ高さ)・手すり設置などの条件をすべてクリアしています。尚、住宅金融公庫は、平成19年4月に「住宅金融支援機構」に生まれ変わります。詳しくは、住宅金融公庫ホームページにてご確認下さい。

Q. 基準内容には適合するサイズはどれですか?

浴室の広さについては、「バリアフリー住宅工事」では浴室の短辺方向の内法長さを1.3m以上・有効面積を2?u以上、「高齢者等対応設備工事」では浴室の短辺方向の内法長さを1.4m以上・有効面積を2.5?u以上と定めています(平成16年現在)。「バスサルーンエスコート」では1621・1616・1818・1618サイズでどちらの工事の場合にも適合します。1318サイズは「バリアフリー工事」のみで適合します。

このコンテンツのメニューです